NUKEMIRI DAYS

ガジェット中心に日々知ったことを書き留めていきます。

Androidでも。生活を変えるAirPods Proレビュー。


f:id:nukemiri:20191218155639j:image

 AirPods Proを購入しました。購入までの経緯と、買って良かった点をまとめておきます。

 

 

 

Jabra Elite 65tは優秀だが…

f:id:nukemiri:20191218171431j:image

 これまではJabra Elite 65tを昨年から使い続けていました。それより前は有線イヤホン+DAPで音楽を聴いていたのですが、TWSが便利すぎて手放してしまいました。

 65tは買った当時は間違いなく最も優れた製品の一つでした。オープン型のAirPodsを除くと、音質と機能が十分なものはかなり限られていたのです。今となっても65tの性能には満足していますし十分な性能だったと思います。しかし、日常生活を送る上で気になる点がいくつかありました。

遅延がある

f:id:nukemiri:20191218161729p:image

 AACやApt-X LLなどのコーデックに対応していないため、遅延がかなり気になります。動画などは見れないほどではありませんが、やはり遅延はないに越したことはありません。

HearThroughが微妙

 外部音取り込み機能は65tが先駆けて搭載していました。便利な機能ではあるのですが音量が足りず、AirPods ProやWX-1000XM3には及びません。

やっぱりノイキャン欲しい

 とりあえず外にいるときは耳に突っ込んでいるTWSですが、せっかくならノイキャンが欲しくなりました。65t発売当時はまともなノイキャンを搭載したTWSはありませんでしたがこの1年で畳み掛けるように発売されました。

f:id:nukemiri:20191218171746j:image

 耳に綺麗に収まる点や、マルチポイントに対応している点、物理ボタンでジェスチャーがわかりやすい点は非常に気に入っていましたが、やはりAirPods Proが欲しくなりました。

 

なぜAirPods Proを選んだか

 多くの人が迷うのと同じように、ソニーのWX-1000XM3とどちらを買うか迷いました。音質では1000XM3に軍配があがると聞いていましたし、ソニーのノイキャン技術はやはりすごいからです。ですが、ノイキャンがより自然な点、音ゲーもできるとまで評された低遅延からAirPods Proを選びました。

 よく、AirPodsiPhoneiPadMacはペアリングが楽だとか言われていますがこれには懐疑的です。確かに他のデバイスとペアリングしている間もAirPlayデバイスなどと並んで表示されるのは便利ですが、そんなに頻繁にデバイスを切り替えるような使い方はしません。65tの利用時にペアリングで困ったことはありません。大概のTWSは初回のペアリングさえ済ませればケースから出すだけで勝手にペアリングされます。ですのでこの辺りの使い心地はAirPodsとその他であまり違いがあるようには思えません。マルチポイントに対応している分、65tの方が便利だとすら思えます。

 

ノイキャンは実際すごい

f:id:nukemiri:20191218160651j:image

 店頭で試聴し、購入を決意したのはやはりノイキャンの性能でした。ファミレスなどで作業や読書をするのに耳に突っ込んでおけばすごく捗りそうと思いました。もちろん音楽の再生も非常に快適になります。人の声などもかなりカットされ、完全に聞こえなくなるということはないのですが、すぐそばで話しかけられても遠くで話しているように聞こえます。ずっとノイキャンを使っていると外した時に雑音が多くてびっくりしてしまうほどです。ノイキャンについてはいくら文字で書いても伝わらないと思うので是非店舗で体感してください。

 

遅延は期待通り。だが過剰な評価が多い。

f:id:nukemiri:20191218162830j:image

 購入前にTwitterで「音ゲーもできる低遅延」という評価を目にしました。人にもよるのでしょうが流石にこれは言い過ぎかなという気がします。

 かなり昔にAACコーデックのイヤホンした際、遅延に絶望して「低遅延と言ってもこの程度か…」とすぐに手放してしまいました。しかし、このAirPods Proは動画の視聴程度であれば、相当神経質にならない限り遅延は全く気になりません。音ゲーなどシビアな判定を求められる場合には微妙ですが、タイミング設定をすれば余裕で使えます。評するなら、「AACでは最高峰の低遅延」と言ったところでしょうか。Apt-X LLの環境がないため具体的な比較はできないのですが、日常生活を送る上では十分な低遅延性能と言えるでしょう。

 

低遅延になるのはiPhoneだけ?

f:id:nukemiri:20191218155204j:image

 事前に見た評価で、「低遅延はiOSの最適化による」というものがありました。普段からAndroid端末とiOS端末を1台ずつ持ち歩いている身としてこれには疑問符が立ちます。正直、AndroidでもAACで接続すれば遅延は気になりませんし、iPhoneにおける遅延と同程度なのではという感想です。Androidはバージョン8.0以降を搭載するすべてのデバイス(ハードによる制約を除く)でAAC、Apt-X、LDACに対応していますので、この低遅延の恩恵はiPhone以外でも十分に受けられると言っていいでしょう。

 一部のアプリやサービスでは音声に対して描画を意図的に遅延させることで遅延をより少なくするという調整がiOSで行われている可能性は否めません。しかし、低遅延の恩恵はAndroidでも受けられると断定していいでしょう。

 

もちろんトランスミッターも

 スマホでなんでもできる時代なのでトランスミッターを利用する場面は少ないですが、AACでの送信に対応していればもちろん低遅延の恩恵を受けることが出来ます。私の場合、深夜にテレビを見る時などに家族へ迷惑のかからないように購入しました。

 トランスミッターを選ぶ際には注意が必要です。送信コーデックにAACがあることを必ず確認してください。

 最初はAAC対応を謳う上のトランスミッターを購入しようと思いました。日本の法人みたいですし、Apt-X LLにも対応しているため今後新たな環境での利用も期待できるからです。同ブランドでApt-X LLに対応しているネックバンドタイプの無線イヤホンが販売されているのも確認しました。しかし、説明をよく見るとAACはレシーブモードのみで、トランスミッターとしては使えないとのことでした。こちらのトランスミッターの購入を検討している方は注意してください。

f:id:nukemiri:20191218174031j:image

 

 最終的にはこちらを購入しました。いかにも中華という感じでやや心配でしたが、何より安いですし目的に適った製品です。結果としては低遅延は申し分なく、動作も安定しています。画面がないのでペアリングが面倒なんじゃないかと不安でしたがかなりシームレスです。よくできています。

 

Twelve South AirFly Proについて

www.apple.com

 AirPods Proと同時期に登場し、Apple StoreでさもApple純正かのように販売されているTwelve South AirFly Proというトランスミッターがあります。白を基調としたシンプルなデザインで、動作時間にこだわりがあるようです。価格はかなり強気で、Appleのブランドイメージと重なっているのでApple Storeでの取り扱いは納得できるのですが、AirPods Proとの組み合わせには向かないかもしれません。

 というのも、AACに対応しているとの記述がどこにも見つからないのです。遅延について言及している記事すら見つかりません。この製品のベースになったであろう無印のAirFlyは、Apt-X、Apt-X LL、SBCに対応しているようで、AACには対応していません。ですのでAirFly ProもAACに対応していない可能性が高いのです。大枚をはたいて低遅延の恩恵を受けられないトランスミッターを買うより、中華トランスミッターに身を委ねてみてはいかがでしょうか。といってもAirFly Proを購入したわけではないので実際触った方のレビューを参考にしてください。

 

イヤーピースは3サイズ

f:id:nukemiri:20191218165757j:image

 イヤーピースは3サイズ同梱されています。ご存知の通り、EarPods以降Appleのイヤホンはかなり特殊な形状です。カナル型を採用したAirPods Proでも耳を選ぶ形状で、イヤーピース選びは重要になります。

 私自身、これまで使ってきた数々のイヤホンは最初からついているMサイズのイヤピで使っていることが多かったのですが、AirPods Proではうまくフィットせず、Lサイズを使用しています。フィットしなければ落としやすくて悲惨ですしノイキャンの性能が半減してしまいますのでイヤーピースのサイズは全て試してみることをお勧めします。場合によっては左右でサイズの違うイヤピを使う必要もあるかもしれません。

 このイヤピですが、普通のイヤホンのようなステムがないので、イヤホン側とイヤピ側のアタッチメントをカチッとはめることで交換します。この仕様は結構好きですね。イヤホンを外す時に気圧差でイヤピがすっこ抜けることもありません。今後このアタッチメントに対応した様々なイヤーピースが発売されることを期待しています。少なくとも、フィット感向上のためにもっとサイズの選択肢は増やして欲しいですね。

 

※12月21日追記

ありました

 

買ったらすぐにカバーを。

 「カバーは後で買えばいいや」なんて思っているとすぐにケースに傷がつきます。カバンに放り込むものですから、カバーは絶対必要です。加えてAirPodsシリーズは最も普及しているTWSですから他人のものと見分けのつくようにカバーは必ず装着するべきだと思います。iPhoneにカバーをつけるのと同じです。Aliexpressに安くておしゃれなカバーが沢山あるのですが、届くまでに時間がかかるのでAmazonでチャチャっと買っちゃいましょう。

 

最後に

 以上が大まかなレビューになります。まぁいくら読んでもわからないことはわからないと思うので、「百読は一聴に如かず」とでも胸に刻んで一度店頭で試聴してみてください。絶対欲しくなるはずです。

スポンサーリンク