NUKEMIRI DAYS

ガジェット中心に日々知ったことを書き留めていきます。

スポンサーリンク

THETA用アクセサリー・周辺機器まとめ


スポンサーリンク

f:id:nukemiri:20191120092929p:image

RICOHのTHETAシリーズで使用できるアクセサリー類についてまとめておきます。

 

 

オフィシャル商品

RICOH THETA スティック TM-2

https://theta360.com/ja/about/theta/img/img_accessory_12.png

自撮り棒です。雲台の写り込みがないように専用設計されてるとのことです。ちょっと値段が高いかなあという印象です。

 

RICOH THETA スティック TM-3

TM-2の下位互換でしょうか。長さが短く、先端の関節機構が省略されています。短いのは結構致命的ですね。表現の幅が狭まります。

 

THETA V/SC用レンズキャップ TL-1

V以前の旧製品でも互換性がありそうですね。少し高いですが、着脱が楽そうなのでいいかもしれません。

 

THETA Z1用レンズキャップ TL-2

上に同じく。

 

THETA Z1用セミハードケース TS-2

https://theta360.com/ja/about/theta/img/img_accessory_11.jpg

この手の製品は社外品でも品質の高いものが多いです。

 

水中ハウジングケース TW-1

insta360 ONE X用のものと比べるとだいぶ値段が高いですね。Z1で使えず、同等品も用意されてない点が残念です。

ハードケース TH-2

簡単な防滴用のケースって感じですかね。ゴーストでそう。

 

RICOH THETA スタンド TM-1

脚や雲台の写り込みが少ないように専用設計されたものだと思うのですが、ちょっと価格設定が強気すぎませんか。

ricohimagingstore.com

 

エクステンションアダプター TE-1

 

底にあるmicroUSBとかmicroHDMIポートは雲台に固定すると使えなくなってしまうので、撮影中に使用する場合にはこのエクステンションアダプターが必要となります。

ケーブルスイッチ CA-3

 

レリーズの類です。無線で高機能なリモコンに対応して欲しい。

3Dマイクロフォン TA-1

動画だけでなく空間の音も360度収録するというものです。これは発売された当初からかなり興味深い製品なんですが、Vにしか使えないというのが本当に残念。Z1で使えて欲しかった。発売が噂される新製品では使用できるのでしょうか。

 

ストラップ用アタッチメント AT-1

 

ソフトケース TS-1

コンパクトで使いやすそうですね。

 

社外品・互換品

 

ラバー製カバー

Ricoh Theta V専用 S/SC兼用【新バージョン】カバー 保護ケース マイク穴あり レンズキャップ付き 360全天球カメラ用 OS962

本体を覆うカバーとレンズを覆うカバーの2つから構成されます。特に使ってて何かと干渉するということもないので付けっぱなしでいいのでは。夏は熱暴走に注意しましょう。

 

ユーエヌ RICOH THETA用ライトセット UNX-8580

ユーエヌ RICOH THETA用ライトセット UNX-8580

どうなんでしょうこれ。ガッツリライトが映り込みそうですけど。自撮り棒部分はよく見かけるタイプのものですけどこれ振り回すと簡単にひっこぬけるので注意が必要です。

 

自撮り棒

公式品の自撮り棒よりも細ければ映り込みません。先端部分が意外と大きくて映り込んでしまうものが多いです。

 

ミニ三脚

 

この類の商品は公式ショップでも数多く案内されています。特に大きな才能差はないと思うので好きなのを選べばいいと思います。

 

潜水ケース

ABHU-PULUZ 30 メートル防水ケースリコーシータ V/シータ S と SC360 360 度カメラアクセサリーハウジングケース

なんと潜水ケースに互換品があります。耐水性はやや心配ですが公式の1/4程の値段で買えてしまいますね。

ja.aliexpress.com

 

エクステンションアダプター

Andoer 1/4" 拡張 ネジロッド Ricoh Theta S & M15・LG 360 カム・Samsung Gear 360または1/4" ネジ穴・ デジタルカメラ・ビデオカメラ用

TE-1にも、互換品があります。ねじ山が筐体貫通して壊れたというレビューを見かけたのでやはり互換品なりのリスクがあるのでしょうか。とはいえ半額以下で購入できます。

 

 

1/4-GoProマウント

所謂GoProマウントが使用可能になります。多様な製品があるのでこれは持ってて損はしないでしょう。THETAの場合、映り込みが避けられるのはこのタイプでした。

 

レンズフィルム

RICOH THETA 専用球面レンズ保護フィルム3枚セット

調べると専用のレンズフィルムというものが出てくるのですがイマイチ評判は良くないです。うまく貼れる気もしないし使ってると剥離しそうです。

 

カウンターウェイト

www.aliexpress.com

ミニ三脚と自撮り棒を組み合わせて使う場合はその間に挟めば安定性を増すことができます。対荷重には気をつけましょう。

 

ライトスタンド

私が三脚の代わりとして推しているのがライトスタンドです。雲台のがなく、足も細くて短いため、映り込みは非常に少ないです。その上安定性と伸長も兼ね備えています。

 

3m自撮り棒

関連画像

正直手振れ補正がそこまで優秀じゃ無いので実用レベルかは分かりませんがうまくいけばドローンのような映像が撮れると思います。

 

ストラップ

 

NDフィルター

minne.com

THETA用に作られた専用のNDフィルターだそうです。

 

車載フレーム

make.dmm.com

 

フェイスカバー

make.dmm.com

 

その他、数多くのカメラ用マウントやGoProマウントを使用できます。GoProマウントは色々と面白いものが多いのでいつかまとめて記事にしたいと思っていますのでお楽しみに。何か他にTHETAで使えそうなものがあったら教えてください!

 

以下のサイトでは、製品化されていないような変わったマウントやパーツの3D CADデータが数多く公開されています。探してみれば面白いものがあるかもしれません。

m.yeggi.com


 

最後に

個人的に映像まで撮るという方はアクセサリーの面からもinsta360 ONE Xがおすすめかなという感じです。THETAの強みはなんといっても静止画の解像力の強さですね。PENTAXで培われた技術が存分に活かされてるのだと思います。これからも暗所や星空撮影に特化した機体とブランディングを期待したいところです。

スポンサーリンク